あなたが結婚できない理由

こんにちは。
サロンドマリアージュ横浜プレジール渡辺智美です。

S_0070semina-.jpg年末に、「他の相談所で1年以上活動されているにもかかわらず全く成果の出ない方」数名を対象に、婚活セミナーの実施をいたしました。
その結果、なんと100%の入会率でした。

ということで、婚活セミナーを受けずにHPからご入会された方にも、セミナーを必須で受けていただくことに致しました。

セミナーの内容は、女性に対しては「男性の心理」を、男性に対しては「女性の心理」を徹底的にご説明し、さらに「婚活の心構え」をアドバイスさせていただきました。
その結果、ご自分の間違った思い込みに気が付いてくださいまして、新たな気持ちで活動したいとのことでご入会されました。

「なぜ、あなたは頑張って活動されているにもかかわらず、結婚できないのか」に気が付いていただき、行動や考え方を改めなければなりません。
それは、実は「幸せな結婚をされた方」にとっては当たり前のことばかりなのです。
なかなか結婚に至らない方には、「ご自分の気持ちばかりが強くなってしまいその当り前のことに気が付かない」という共通の原因があるのです。

ご興味のある方は、是非、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

本当に素敵な写真

こんにちは!
サロンドマリアージュ横浜プレジール 渡辺智美です。

今日ご紹介いたしますのは、女も惚れるカメラマン山田じゅりあさんに加えて、提携しているフォトグラファー小川健さんをご紹介いたします。

ogawaken.jpg
こちらの写真に映っているのは、プロのモデルではありません。小川さんが結婚式で撮影した素人の新郎新婦です。映画のワンシーンのようです。本当に素敵ですね!
私の時は、式場のホテルのカメラマンに撮っていただきましたが、「それなり...」といった感じでした。結婚式の写真は非日常の光景ですので、これくらいドラマチックでもいいですよね!ずっと歳を重ねたとき、こんなにドラマチックな自分たちの結婚式の写真を見たら、当時の自分に惚れ惚れしてしまうだろうな~。素敵です!

小川さんとじゅりあさんはお二人とも私の意図するお見合い写真を撮ってくださるスペシャリストですので、とてもよく似たタイプのカメラマンです。ですから小川さんも基本的にはロケ撮影をお得意とされていらっしゃいます。横浜市内や都内の緑の多い公園などで、とても自然な表情のお写真を撮ってくださいます。
勿論、スタジオ撮影もいたします。

お二人の違いを強いて言えば、じゅりあさんは、会員様が普段のメイクをしてきていただいた上で、じゅりあさんが写真でも映えるように少し色を濃くしてくださり撮影をしますが、小川さんの場合は、メイク専門の女性がしっかりとメイクを施してから撮影に入ります。ですから、メイクに自信のない方は小川さんをお勧めいたします。ここで、メイクの仕方を盗むこともできます。

どちらのフォトグラファーの方も、お見合いで初めて実物にお会いしたときに「写真と違う」と思わせないように、しかも会員様の魅力を上手に引き出した自然で素敵な写真を撮影してくださることです。「口角あげて!目を開いて!」とは言いません。

あなたの魅力があふれた素晴らしいお見合い写真ができたら、あとはその写真に惹かれてくれる人を待ちましょう!もちろん、自信をもってお見合いのお申し込みもいたしましょう!

小川さんは、スタッフを連れて2名のカメラマンで結婚式場にも出張しますので、結婚式の写真撮影も、小川さんに撮影していただくのもお勧めです!

ご自分の魅力を上手に表現したお見合い写真で婚活したい方は、サロンドマリアージュ横浜プレジールへ!色々と準備をしてお待ち申し上げております!

結婚のための心の準備

おはようございます。
サロンドマリアージュ横浜プレジールの渡辺智美です。

今回ご紹介いたします、当サロンと提携しているスペシャリストは、ダイエットコーチの小林一行さんです。

itiryuunootoko.jpgダイエットコーチ 小林一行さん
1965年 栃木県生まれ。約10年前にうつ・過食・肥満を経験し、自ら心理学やメンタルを学びうつを克服。その手法をダイエットに応用することで、ストレスゼロ・ガマンゼロで挫折しない独自のダイエット法を開発し、2年で25㎏の減量に成功。現在はダイエットの個人コンサルティング、セミナー、出版を行っている。著書は全9冊で累計18万部を超える。代表作に『なぜ一流の男の腹は出ていないか?』(かんき出版)などがある。

小林さんのダイエット法は主に「メンタルダイエット」ですので、特に「飲み会好きな男性」「ストレスで甘いものがやめられない女性」をお得意とされています。
そして「今太っていなくても、今後一生太らない生活習慣」を手に入れることができるのです。

bijinntoke-ki.jpg小林さんのモットーは「いい人生にするために痩せよう!」というものです。
40歳を過ぎてからダイエットを始め、それから痩せて急にモテ始めたご自身のご経験から「20歳代30歳代の頃に痩せていれば、もっと早く人生が楽しくなったのに!」と、心から後悔したそうですよ(笑)。

40~50歳代の女性会員様は、「お子さんは希望されますか?」という質問に「どちらでも」もしくは「のぞまない」とお答えになります。女性にとっては「子供」=「出産・育児」という思考なので、きちんと健康のこと、体力のことを考えて決めることができているのです。

一方、40~50歳代の男性会員様は、口をそろえて「子供は欲しい」とおっしゃいます。
私にとっては驚きの事実です。そして、出産できそうな20~30歳代前半の女性との結婚だけをお考えのようです。
そして「子供が欲しい」=「今後20年かそれ以上の間、健康の状態を保ち、子供が成人するまでは家族に経済的な面での責任を負う!」という気持ちがあっての「子供が欲しい」なのか、とても疑問を感じるのです。

男性の傾向として(もちろん全員がそうだとは申しません)、素敵な女性を目の前にすると、ただ親しくなりたい、夢みたいな結婚生活を送りたい、と浮かれて婚活をします(それが原因で女性との心の温度差に気が付きもせず、お見合い後の初デートで失敗してお断りされる男性が多いのですが)。そして、お話が順調に進み、結婚の決断をしなければならない時期が来たとたんに「結婚するとは家族を持つことなのだ!そして子供が生まれれば、成人するまで学費や生活費を稼ぎ続け子供への責任を負うことなのだ!」と気が付いて怖気づく方がいらっしゃいます。

この話を男性にすると「当たり前だよ!逆に何故女性はすぐに盛り上がらず、しばらく様子を見るのかがわからないよ!」と言われたことがあります。

では、言い方を変えます。女性が妊娠したとき、又は出産間近になったときになって「出産するとは子供のお世話をすることなのだ!ミルクも1日に何度もあげなければならないし、どこに行くにも連れて行かなければならない。今までのように好きな時にエステに行ったり友達とランチをしたりできないじゃない!それに離乳食から始まり、一日に3度も食事の準備をしなければならない。しかも手のかかる子だったらどうしよう!」と迷いだしたらどうですか?
女性は子供を産む前に、ある程度はそのための知識を得たりもしますし、そうしながら覚悟していきます。もちろん不安もありますよ。しかし、生まれてしまえば何とかなります。だって、育児は大変かもしれませんが辛いことばかりではないはずですし「夫婦二人で育てる」のですから。

家庭や子供に対する、男性が感じる責任も同じです。子育て中はお仕事をセーブする奥様も、万が一夫に何かあれば必ず力になってくれるはずです。そういう方とじゃなければ結婚してはいけません。美人か、若いか、じゃないのですよ!
もしかしたら、結婚直前で男性が怖気づくのは、女性を中身ではなくて、外見や年齢で決めたからではありませんか?

話をダイエットに戻します。
小林さんのダイエットは、ただ痩せてスタイルが良くなるというものではありません。
内臓から健康にします。それが一番の目的です。その結果、痩せて顔もすっきりし、スタイルもよくなり、異性からもモテてしまうというおまけもついてくるということです。
さらに、太っている方でなくても、健康に不安のある方には、本来持っている健康な体に戻してくれます。それは、習慣となり一生続きます。

仕事でお酒を飲む機会が多くて健康に不安のある方、ストレスで甘いものをたくさん摂ってきてお太り気味の方で、これから結婚して幸せに暮らしたい、子供も欲しいという方。

メンタルダイエットコーチから、家庭を持つための責任の一つとして、自分が本来持っている健康な状態をできるだけ保てるような習慣をコーチングしていただくことをお勧めいたします。
3か月もたてば体だけではなく、心もスッキリとして、清々しい気持ちで婚活ができるはずです。そして、迷いのない気持ちで、やっと出会えたたった一人の女性に堂々とプロポーズをしましょうよ!

当サロンでは、小林さんのダイエットコーチングを付けるメニューをご用意してお待ち申しげております!

自分らしくいていい!

こんにちは。
サロンドマリアージュ横浜プレジールの渡辺智美です。

婚活を始めて数か月のA子さん、35歳。
彼女はとても真面目で責任感も強く仕事熱心な女性です。

職場ではとても優しくて後輩にも慕われている評判の良い彼女ですが、お見合いとなると何故か毎回のようにお断りされてしまいます。
これまでも彼女と面談してきましたが、なかなか良いお話が生まれずに時が流れていきました。

お見合いのお話はたくさん来ました。お申込みをしてくる男性は大抵、彼女よりも7~13歳以上も年上の42~48歳の男性です。彼女は本当は同級生くらいの男性が良いのですが「申し込んでくださったのだからありがたいです」とお受けしておりました。
しかし、お見合いをすると男性の方からお断りしてくるのです。

私は悩みました。どうして彼女の良さが伝わらないのだろう、と。
彼女は結婚したら、旦那様のためにおいしい家庭料理を作ろうと、和食も得意になりました。仕事で忙しくても、家の中はいつもきれいにお掃除も欠かせません。
花嫁修業はばっちりです。

お見合いは緊張するし、自然にふるまうのが難しいとこぼしている彼女。
緊張のあまり、控えめ過ぎて見えるのではないか。それがつまらなそうに見えているのではないか。もしかしたら服装が彼女を良く見せていないのではないか。
何が男性をお断りにさせてしまうのだろう、と。

結婚相談所を始めたときに、お見合いから結婚までのノウハウを教わりました。
お見合いにちょうど良い時間の長さ、服装、表情‥等。緊張している二人が本当の姿、内面を見せることができるまで、なんとかつなげていくためのノウハウです。始めは緊張から、なかなかお互いの本当の姿が見えないので、とにかくお友達として会い、緊張せずにお話しできる状態になるまでつなげていくのです。もちろん、無理だと思えばいつでもお断りしてかまいません。

ところが彼女はそこまですら進みません。

「渡辺さんに言われたとおりに頑張って笑顔にしていますし、お話だって楽しくしているのです。お相手の方も楽しそうにしていたと思ったのに、なぜお断りされてしまうのでしょう?」

私は悩みに悩みましたが、ふと、頭が基本に戻りました。

「断られたっていいじゃない!相手が彼女の良さをわからなかっただけじゃない。緊張して一生懸命お見合いをしている彼女。お見合いの時間を楽しく過ごそうと頑張っている彼女。頑張って作ったぎこちない笑顔。緊張して自然にふるまえない守ってあげたくなる彼女。男性は彼女よりも相当年上なのに包容力もないおじさまたち!彼女は寛大におじさまからのお見合いを受けてくれたのですよ!守ってあげたいとか感じないのですか?」

この辺にしておきましょう。

「Aさん。お見合いで緊張するのは全然いいと思います。緊張しても一生懸命お見合いを頑張っているAさんは素敵です。緊張してガチガチになって不自然な笑顔になっているAさんを可愛いなと思ってくれる人を見つけましょうよ!お見合いのノウハウを教えてきた私ではありますが、そんなものより大事なことがあります!」

ということで、
「お断りされても気にしない!」
「Aさんの感性を大事にする!」

それから、
「Aさんらしい洋服のコーディネートをする」
「Aさんの内面が現れるようなお見合い写真の撮り直し」

に落ち着きました。

card_Strawberry.jpgAさんは「すごく気が楽になりました!!!早く結婚します!来年の今頃は成婚退会します!」
と、宣言してくれました。

こんなに素敵で可愛い彼女を、若い家政婦を期待したそこらのおじさまと結婚させるわけにはいきません。初心に戻ってまた頑張りましょう!


そのままの自分を「大好きだ!」と言ってくれるお相手との結婚を望む方は、お気軽にお問い合わせください。
可愛くて素敵なAさんを幸せにしたい!という包容力のある男性も募集中です!

ワインパーティー

ご無沙汰しております。
サロンドマリアージュ横浜プレジールの渡辺です。

12月に、夜景の綺麗な都内某フレンチレストランで、ワインパーティーを開催いたします。

aruzasu.jpg今回は「フランス・アルザスからの贈り物」というテーマで、ソムリエが厳選して取り寄せたアルザスのワインを持ち込み、一流シェフの用意した素晴らしいオードブルで、楽しいひと時を過ごしたいと思います。

wainn.jpg着席ビュッフェスタイルですので、お好きなものをお召し上がりいただいて、ちょっとだけソムリエのワインのお話を聞きながら、ワインの奥深さを味わっていただこうと思います。

勿論、アルコールをお飲みにならない方には、美味しいソフトドリンクもご用意いたしております。

budou.jpg参加資格は「シングルの方」という設定にさせていただきました。
素敵な出会いがあるといいですね。

そして、特別ゲストの方にも来ていただくことになりました。
ハートグラム心理学の藤田サトシさんです。
藤田さんはご自分で開発したカードを使って、鋭い分析をしてくださいます。
お仕事、恋愛、結婚‥等、何でもご相談してみてください。もちろん鋭いアドバイスをしていただけます。

サロンドマリアージュ横浜プレジールでは、このようなワインパーティーを開催して、お見合い以外でもお相手探しの機会を作っております。お見合いでは緊張してしまうという方でも、気軽に初対面の方とお話をすることができます。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。
HPのお問い合わせフォームからどうぞ!

ファッションで魅力的な本当の自分へ!

こんにちは! 
サロンドマリアージュ横浜プレジールの渡辺智美です。


irisawasann.jpg今回ご紹介いたしますのは、「color-I」のカラーコンサルタントでありファッション・メイクスタイリストの入澤有希子さんです。


入澤さんは「最高な毎日を送るあなただけの装い」というコンセプトで、女性のファッション・メイクのスタイリストをされていらっしゃいます。

昨日、私も一応女性ですので、入澤さんにお願いしてファッションコーディネートをしていただきました!

まずは、どのような自分になりたいかを、入澤さんにお伝えします。私のお話を聞きながら、既にイメージにぴったりのファッションが入澤さんの頭の中では膨らんでいます。そして「私の魅力を活かす色」も決まっています。

私は「どんな風に見せるお洋服が着たいのか自分でもよくわからないです。強いて言えば、着ていて楽チンで洗濯ができるもの!」などと申しておりましたが(入澤さんに叱られました)、不思議なことに入澤さんとお話をしていると、どんどん欲が出てきて「あーなりたいです、こーなりたいです、それから...」と、要望が止まらなくなってしまいました。入澤さんは、聞き上手でお客様の気持ちを引き出す才能があおありなのでしょうね!私の欲が止まらなくなってきた頃「もう頭の中ではイメージができましたので大丈夫ですよ」と笑顔でおっしゃってくださいました。

そして、後日、入澤さんと同行ショッピングに行って参りました!
前日までに入澤さんお一人で下見に行ってくださり、何点かピックアップしておいてくださいます。
そして、当日、今回は新宿で待ち合わせです。

そしてなぜか百貨店のパウダールームに連れていかれました。そこで鏡の前の椅子に座らせれると、「一息つきましょうね」とペットボトルのお水をくださりました。そしてササっと今日選ぶ予定のお洋服に合うように、メイク直しをしてくださったのです。

私はこれからお姫様に変身をするシンデレラになったような気分です。(お若くてかわいい入澤さんを、ビビデバビデブーの魔法使いだ!と心の中で思ったことは内緒です)

さあ、いよいよショッピングです!
入澤さん「今年の冬の渡辺さんのイメージは、ミルクティーです」
私!「ミ、ミルクティーですか?!そんなにホンワカと可愛くなっての良いのー?!私!!」
入澤さん「いいのですよ!渡辺さんはそういうイメージの方ですし、お仕事にもぴったりです」
私(そんな優しい言葉、初めてかけられた気がする。強いとは言われてきたけど、ミルクティーは初めてだ!)

しかし、当然ながら、今までにないと思っていた自分を受け入れるのは少々(かなり)戸惑います。
私はそれまで、黒、紺、青、グレーだったのです。ミルクティーとは真逆です。
1件目のお店に入ると「今まで避けてきた服」をどんどん目の前に出されます。
試着室でお洋服を着る時も、ずっと戸惑っていました。
その中でも、なんとか受け入れられそうなものだけ購入しました。

入澤さん「ピンクも少し使うといいですよ」
私「ピ、ピンク!私の中ではとっくに無くなった色だ」

ところがです。2件目くらいから積極的に入澤さんに提案されたお洋服を受け入れるようになってきました。なぜなら、茶色やベージュのニットを着ると、今まで見たことのない、落ち着いた優しいイメージの自分が鏡の前に立っているのです。それまで、カチッとした感じの黒や青系のお洋服で、真面目でつまらないと自分でも薄々感じてはいたのです。

何点か購入すると「今年の冬は、もう、これだけで着まわせますよ。」と言われ、最後に靴屋さんへ。
購入したお洋服にぴったりの靴も揃いました。

帰る頃には、「差し色にピンクの何を使おうかなー!」「髪をピンクに染めるのもいいかもー!」
だって「ミルクティーにピンク!」ですよ!
「私、ミルクティーにピンクで良かったんだ!!!」

それは私にとっては「強くいたいとずーっと思っていたけど、優しくなって良いのだ!!!」
を意味するのです。

自分でも気が付かなかった、本当になりたい自分!!
ファッションから、本当のなりたい自分を目指す!

まだ感動している私です。

入澤さんにシンデレラにしていただいて王子様と出会いたい方は、サロンドマリアージュ横浜プレジールへ!!

お見合い写真の重要さ【閲覧注意!】

こんにちは!
サロンドマリアージュ横浜プレジール渡辺智美です。

juriasann.jpgのサムネール画像今回ご紹介する、サロンドマリアージュ横浜プレジールの提携スペシャリストは、「J'z WORKS」代表 フォトグラファー やまだじゅりあさんです。

プロフィール
【日本全国出張!】写真deブランディングプロデューサー。女性カメラマン出張撮影J'zWORKS代表。日本ママカメラマン協会代表理事。ナチュラルな魅力を引き出し、売れる写真を撮影します♡

お見合い写真は、とても大事です。写真を見て、お見合いをお断りすることもあれば、お受けすることもあります。どんなに素晴らしいプロフィールだとしても、その方がどんなに素敵な方だとしても、その写真一枚のせいで、お断りされてしまうことが多いのです。
ですからお見合いでは、写真館で撮影した写真を使うのが一般的です。

...と、ここまでは、常識です。当たり前の話です。

私の考えは、プロが撮ればよいというものではありません。プロに撮ってもらっても、お見合いに関して言えば、失敗はたくさんあるということがわかったからです!!!

まずは、私の写真です。
私の写真を先に見た後に、実物の私に会った方はみなさんこうおっしゃいます。
「え!写真と全然違うね...」
「イメージが違い過ぎるね...」
「実物の方がいい」(笑顔で「でしょー‼」と言います。)

これは、写真そのものが悪いのではありません。むしろ、写真は良く撮れています。お肌も実物よりずっときれいです。

でも、私らしさがまるで出ていないのです。
写真そのものが良ければいい、というのが、そこらのプロです。
私が求めるプロは、私が思う本物のプロです。
その人の個性を、内面を、ちゃんと表現してほしいのです!!!

次に私の女性会員様の例です。
このお話は、特に女性には衝撃的ですので閲覧注意です。
彼女はとても美人で、キャリアウーマン。仕事に誇りを持って生きています。
そして、あるお見合い写真に慣れているという写真館に行ってもらいました。出来上がった写真10枚をみると、10枚中9枚が、無理やり口角をあげて、目は最大限に見開いた、不自然な写真だったのです。

「あー、写真館は違うけれど私の時と同じだ」とすぐにわかりました。笑って目を細めると、「目を開いて!もっと!」と、しきりに言われたのです。私は、「笑ったら、目は細まるものなんですよ!!無理なこと言わないでください!!」と、叫びながら撮影したのでした。

こちらは素人です!作り笑顔はできないのです。無理して笑わせた結果、このような写真が撮れました。
写真館の方は彼女に「お見合いの申し込みがたくさん来ますよ!」と言ったそうです。一枚だけ自然な笑顔の柔らかい、いかにも良妻賢母、お人よし、という感じの奇跡の一枚があったのです。その写真は、とても素敵です。しかし、実物の彼女のイメージとはかけ離れていたのです。仕方なく、その写真をお見合い写真として公開した結果・・・!
来るわ来るわ!!お見合いの申し込みが!!驚くほど、お見合いの申し込みが来たのです。私は対応に追われた毎日が続きました。

しかし、お見合いをしてみると、どのお相手もルールやマナーが守れない方ばかり。お見合いなのに食事に連れていかれてビールを飲まされたこともありました。

なんなのだろう、これは?

そこで、同業者のある男性に見せてみろと言われて彼女の写真を見せたのです。
「あー!!!なるほどね、こりゃ、お見合いの申し込みが来るわけだ、変な男から」

理由は単純明快でした。「だって、巨乳を強調した写真だもん」

ガーン!!!と、私は頭を殴られたような感覚でした。
「何言ってるの!そんな!!」
そう私が言うと「だって男だから。それは仕方が無い。渡辺さんがどう思おうと、男はそういう生き物だから」

「.....................」

写真館の方が彼女に言ったあの言葉
「お見合いの申し込みがたくさん来ますよ!」
あれは、こういうことだったのです!

確かにお見合いの申し込みはたくさん来たけれど、彼女の心が傷付いたことが何度もありました。私も、お相手を紹介するのが怖くなったのです。「今度はどんな悪い男が来るのだろう」と。(悪い男ではなくて、男というものはそういう生き物なんですってね)

彼女は、誇り高きキャリアウーマン、しかも美人です。はっきり申し上げると、これから結婚しようという身なのに家事の大切さもよくお解りになっていなかった女性です。
それなのに、あの写真は、優しくてお人よしの、フワフワしたマシュマロのような、エプロンでもつけたら男が大喜びしそうな巨乳美女!
悪い男のワクワクの妄想を引き出していたのでしょう!!(悪い男でなくても、男ってそういう生き物だそうですね)

そこで、私は、私の気に入るカメラマン探しを始めました。
それが、やまだじゅりあさんなのです!

彼女の撮った写真を見せていただきました。それは、家の中でくつろいでいるような力の抜けた写真でした。必ずしも笑顔とは限りません。だけれでも、その人の心の中までも映し出されたようなとてもきれいな写真でした。
(ちなみにいやらしさはないので、悪い男には興味がわかないでしょう。いぇーい!)

笑っていなくても、その人の美しい内面は引き出せるのです!!!

そしてジュリアさんは、サバサバした男勝りの表情でこうおっしゃいました。

「だけど、実際にお会いした時には、写真より素敵だなと思わせるのですよ!」

「......!?!?!?」久し振りに出ました、あの言葉が!
「魔法か...!!!」

リニューアルするHPの私の写真も、やまだじゅりあさんに撮ってもらうことにいたしました。女も惚れる、やまだじゅりあさん♡

さあ、次のお見合い写真は、「こんな女性(男性)と毎日幸せに暮らしたいな」と思わせる素敵なお見合い写真で勝負できそうです!

お見合い写真にかかる料金も、入会金に含みますのでご心配なく!

セルライトよ、さようなら!

こんばんは!
サロンドマリアージュ横浜プレジール渡辺智美です。

本日ご紹介いたしますのは、体型のお悩みを解決してくださる ~ジム&エステ~「Rise」のマネージャー 大河原宗一郎さんです。

「Rise」と聞くと、あのCMと関係あるの?とお思いの方がいるかもしれませんが、全く関係ありませんよ。

raizu.jpgRiseの特記すべきところは、女性のお悩みのセルライトのケアをお得意としているところです。
フランスから直輸入のエンダモロジー・アライアンスという、日本国内にはまだ数機しか入ってきていない痩身マシーンを所有しているのです。

こちらは、なかなか落とせない部分痩身・セルライトケア・むくみ・たるみケアなどに即効性があるそうです。少々痛いくらいの強烈な吸引で脂肪の塊をほぐし、流しだすという方法だそうです。もちろん、横になっているだけでもOKですが、トレーニングと組み合わせることでより即効性があるそうです。Riseの特徴は、パーソナルトレーニングとエステの良いとこ取りにもあります。そしてトレーニングは、ご本人のご希望のペースで無理の無いように進めてくださいます。

勿論、おなかが出ている男性にもお勧めですよ!
素敵な女性をお嫁さんにゲットしたければ、まずはご自分から若々しくてカッコいい男になりましょう!年齢は数字だけではありません。見た目年齢も大事です。

大河原さんは、「自分の得意分野で婚活中の方に協力できること、そしてその方が結婚に至ることができれば本当に嬉しいです!」と、目を輝かせてお話してくださいました。大河原さんは、とても真面目で誠実な方です。体型が原因で自信を無くしてしまった方を、心から応援してくださる方だと感じました。


当サロンの会員様に、私も思いつかない方法で協力してくださる方が次から次へと私の前に現れてくださっています。それは、外見を整える方法だけでなく、心から前向きに明るく婚活ができるようにと考えているスペシャリストの方もいらっしゃいます。

皆さんそれぞれの分野でお仕事をされていらっしゃいますが、「実は周りにも独身の知り合いがいて、なんとかしたいと思いつつ言い出しにくかった。自分のスキルを勧めたいと思いつつも言えなかった」と思っている方が多いのです。

「痩せれば結婚できるのに」「せっかく美人なのにだからメイクを変えればモテるのに」「せっかく綺麗なのに(イケメンなのに)服が今一つ」「黙っていればいいけど、話すと幻滅する」‥等。なかなかお見合いが組めない方、交際に発展しない方には、少し異性の目線を意識すれば、ご自分で結婚できる方もいらっしゃるのです。
ですから、当サロンと提携してくださったスペシャリストの方々は、口をそろえて「是非、婚活者のために役に立ちたい!」とおっしゃってくださっています。

まだまだ会員様のために協力してくださるスペシャリストが現れてきそうです!
お楽しみに!!

勝てる婚活しかしない!

こんにちは。
サロンドマリアージュ横浜プレジール渡辺智美です。

hosoisan.jpg今回ご紹介いたしますのは、「男婚活サクセスカレッジ」MEN'S育成プロデューサー、「勝てる婚活塾」kateconメイクコンサルタントの細井ひろ子さんです。


細井さんは、上記のように、男性専用、女性専用、それぞれ性別に合った婚活のスクールを開校されていらっしゃいます。


「男婚活サクセスカレッジ」では、婚活者のために「女性のトリセツ」(女性の取り扱い説明)をしてくださるということになりました。なぜか交際に進展しない、交際に至ってもすぐにフラれてしまうという男性は必須の内容です。

さらに、モテる男を目指したい方には、プロ5人の精鋭部隊が一人一人の魅力を惹きだし、多方面からイケメンにプロデュースします。
細井さんは「女性目線・コミュニケーション」を担当。他に「外見力と話し方」「マインドアップ」「最適な女性の見つけ方・好かれるコミュニケーション」「プロフィール撮影」の方がいらっしゃいます。こちらは、かなり本格的ですね。


「勝てる婚活塾」kateconでは、男性目線のメイクを教えてくださいます。
これは「どのような男性と結婚したいか」から始まります。以前にご紹介した「ZYXGER 第一印象ファッションコンサルタント」の藤本太郎さんと同じですね。やはり、どのようなお相手との結婚を目指しているのかによって、メイクもファッションも変わってくるのです。

さらに確信が欲しいという方には、数パターンのメイクを施した写真を撮り、独自のルートで男性に好みの写真を投票してもらうという秘策を提供してくださいます。投票数を見れば一目瞭然、誰もが「こんなメイクがモテるのだ」と納得するでしょう。

「勝てる婚活塾」kateconでは「男性目線を意識するだけで、婚活がこんなにも楽になる?」ということですが、こちらは男性も同じですね。女性目線で物事が考えられるようになれば、もちろん婚活も楽になるはずです。

そして、結婚後も夫婦円満になるはずです!

婚活は、異性に対しての理解不足から上手くいかなかったり、婚活疲れになってしまったりします。独りよがりの自己満足では「なんでいい人いないのだろう」「変な人ばかり」という視点でしかお相手を見られなくなります。異性を理解すれば、それまで「いい人いない」が変わるはずだと思います。自分が変われば出会う相手も変わってくるはずです!

まだまだ婚活をスムーズにしてくれるプロフェッショナルとの提携は続きます。
お楽しみに!

結婚と恋愛感情

こんにちは。
サロンドマリアージュ横浜プレジールの渡辺智美です。

随分前になりますが、40歳代半ばの男性が、入会相談にいらっしゃいました。
1年前まで他社の結婚相談所で活動されていたということでした。その時の活動の様子をうかがってみました。

活動期間は2年間ほど。数名の女性とお見合いや仮交際ができ、真剣交際の女性もいたということでした。真剣交際の女性とは、なんと半年も交際したのちに、お断りをしたというのです。女性の年齢は、40歳代前半だそうです。
(日本結婚相談所連盟同士の交際では3か月を目途にお断りか結婚かを決めることを推奨しております。絶対条件として、恋愛目的ではなく結婚が目的だからです)

仕方が無いとはいえ、この女性の気持ちを想像すると、辛くなってしまいました。彼女は、結婚するつもりだったからこそ、プロポーズの言葉を待ちながら半年も彼と交際したのでしょう。女性は40歳過ぎておりますので、きっと彼の良いところを一生懸命見て、高望みをしないようにしたはずだと私は思いました。

その男性は、婚活市場では人気のあるタイプではありません。ただ、その男性は地味で、強いタイプではないので、波風立たない、穏やかな生活ができると、彼女は思ったのかもしれません。

彼女は今頃どうしているでしょうか。結婚をあきらめてしまったでしょうか。結婚をあきらめる、それは彼女にとっては「男性不信、男性に希望が持てなくなった」等ではないことを祈ります。そして、この男性とお別れになった後、神様からいよいよ本物の運命の人というプレゼントが彼女のもとに運ばれていることを心から祈ります。

そして一年後、その男性は「やっぱり結婚したい」と言って、相談所を変えて私のところにやって来たのでした。

私は「どうしてその女性を断ったのですか?」と聞いてみました。すると、彼は首をかしげます。
「何でということでもないのですが...。いい人ではあったのですが、好きになれなかった」

「お見合いで知り合った40歳過ぎた女性と半年も交際して決められないなんて!女性は年齢が一つ上がるたびに結婚が厳しくなるのよ!!お断りするにしても結婚するにしても、決断ができないのは困ります!男でしょ!!」

入会面談なのに、私は思わず言ってしまいました。

そして彼は、ペコペコしながら私のもとを去っていきました。

どんなに大恋愛の末に結婚したとしても、恋愛感情が続くのは平均4年と言われております。その4年が過ぎても仲の良いご夫婦として続いている人たちには共通していることがあります。
それは「結婚相手として求める条件が合っていた」ということです。条件とは、例えば「優しい」「真面目」「話を聞いてくれる」「仕事を一生懸命している」「子供好き」‥等のことです。「年収が○○円」「一流の会社勤務」のような条件ではありません。

昔ながらのお見合い結婚では、交際期間などなく、一度のお見合いで結婚をお受けするというものです。
お見合い結婚の末に中の良いご夫婦でいらっしゃる方は、殆どが、この「結婚相手に求める条件が合っていたから」でしょう。一目ぼれではない限り、始めから「好き」という感情があったわけではありません。暮らしていくうちに段々好きになり、仲の良いご夫婦となっているのです。

逆を考えてみましょう。
盲目の大恋愛の末に結婚した場合、4年後にその恋愛感情が消えます。そうすると、もちろん今まで見えなかった、いえ、見えていてもかわいいと思えていたことが、許せなくなります。その先はご想像にお任せいたします。

たった4年で消える恋愛感情が、お見合いで知り合ったお相手に芽生えるかどうかは、考えようによってはそれほど重要なことではないかもしれません。4年以上の結婚生活を続けたければ、その先を見据えて婚活をした方が賢いようです。

現代のお見合いは、昔ながらのお見合い結婚と、恋愛結婚の中間と考えてよいかもしれません。そう考えた方が、婚活も上手くいき、結婚後も幸せになれると思います。

結婚相手に求めるどうしても譲れない絶対的な条件を一つ、しっかりと心に決めて婚活をすることをお勧めいたします。

keirounohi.jpg
敬老の日に子供たちが義母にお花を贈りました。